chachirin’s reading diary♪

あと1週間で誕生日がくる…あと3週間で新年を迎える…あと2年でちょうどキリの良い50歳になる…そーんな中途半端な時に、これから読んでいく本を書き留めて見ようかなぁ、と。そんなことをふと思い立ち、始めてみました。

50代60代軽く読み流してみたい本。~ラストレター(さだまさし)~

今日は、さだまさしさんの「ラストレタ―」。

 

読書時間: 1時間以内  ☆☆☆

 

 

あらすじ(帯にかいてあるもの):

 

これが今夜のラストレタ―になりますと、ラジオからDJが語りかけている。

真夜中に一枚の葉書が奇跡を呼びおこす。捧腹絶倒&感涙ポロポロの長篇小説。

 

 

 

私なりの感想:

 

これを読むのは、何度目だろう(;^ω^)

私にとって、「さだまさし」という著者名と、「ラストレタ―」という哀愁漂う題名、ダブルで好みなのだろう。

図書館で借りるときに、ページをパラパラっとめくれば、読んだことある本だと気付くはずのなのに、それをやらないで、題名だけで本を借りてしまうからこうなる。

でも、せっかく借りてきたんだし、また読んでしまう。

 

ラジオ放送局が舞台の話だが、こんな職場で働きたいなと思える。。。

久しぶりに深夜ラジオを聞いてみようかなと思える。。。

心がほっこりする話。軽くサラッっと読めるので、気分転換だったり、今は深く物事を考えたくない時だったり...そんな時に読んでみたらいいかもしれない。

 

最後の1文まできちんと読むことをお勧めします。~サファイア(湊かなえ)~

今日は、湊かなえさんの「サファイア」。

 

読書時間:1~1.5時間  ☆☆☆

 

あらすじ(本の背表紙に書いてあるもの):

 

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかった---「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」。私は恋人に人生初のおねだりをした。。。(「サファイア」より)。

林田万砂子(五十歳・主婦)はこども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」がいかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが。。。(「真珠」より)。

人間の摩訶不思議で切ない出会いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短編集。

 

 

私なりの感想:

 

湊かなえさんの本は、今までも何冊か読んだことがありますが、後味が悪かった時が何度があり。。。短篇集ならば、すぐに読むことを止められるし、気持ちも切り替えることができる、と、今回チョイスしてみました。

7作入っていますが、最初の「真珠」は、正直、私には何を言いたいのか。。。今まで読んできた湊かなえさんらしい(というのも変ですが)ものでした。

2話目の「ルビー」。これも、系統で言うなら「真珠」と同じ?読後感が私には悪く感じてしまいました。それは3話目4話目も同じ。

ただ、5話目「ムーンストーン」は、私は好き。最後の最後まで、きちんと読んだ後に(湊かなえさんの作品って、そういうのが多いですよね)今までの話がかっちりとハマり、背筋がしゃんと伸びる気がして、頑張ろうと思えた作品でした。今の私は、こういう話を求めているのかも?

6話目の表題作の「サファイア」は、私にとっては辛かった。悲しかった。主人公の気持ちが分かるからこそ、重かった。これが、この本の最後の話ならば、たぶん、この本の印象も大きく変わって、マイナスイメージになってしまったかもしれない。それほど、今の私には、ズシンと。

最後の7話目は、「ガーネット」。これは6話目の続き?重かった心が、さらにドンドン重たくなっていったが、やはり、彼女の作品は最後の最後まで読まないとダメ。最後で救われた気分になる。

話が美しいというのも、ちょっと変だが、綺麗で美しく、でもズシリと重たく、この短篇どれもが、宝石の題名になっていますが、まさにそんな感じ。とても良い読後感となりました。

これは、7話の配置の妙だと思う。この7作品をこの順番に並べた人はさすがです。

 

テレビでも放送されればいいのに!~探偵法間 ごますり事件簿(東直己)~

今日は、東直己(あずまなおみ)さんの「探偵法間 ごますり事件簿」。

 

読書時間:1~1.5時間   ☆☆☆☆

 

あらすじ(帯に書いてあるものの一部を抜粋):

 

私立探偵・法間謙一。通称ホウカン探偵。幇間(ホウカン)、つまりは太鼓持ちのことだ。立て板に水の勢いで、お世辞おべっか...依頼人、調査対象おかまいなしに褒めまくる。

 

 

私なりの感想:

 

これ、面白い。私が知らないだけで、テレビで放送されたことあるのでしょうか。これは、テレビでやってもいいような気がします。

殺人などの大きな事件は起きませんが、探偵である法間...ホウカンが、見るものすべてを褒めまくり…その褒めっぷりが完璧すぎて、あっぱれだし面白すぎる。

でも、その褒めまくりの中から、すこしずつ情報をあぶりだし、真相にたどり着く...。

7話が入っている短編集。その中の3話目「うつくしい目」は、ちょっと無理がある話だな、とは思いましたが、それ以外は、どれも楽しかった。

もし他にもホウカンシリーズがあるならば、また読んでみたいと思った本でした。